読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

げんたろう。のはてなダイアリー

沖縄在住(現在カンボジアへ単身赴任中)の34歳会社員の日記。

「SING / シング」のコアラのマネジメントに共感するぅ ※ネタバレ注意

日本から帰ってきて、家族で映画「SING / シング」を見に行った。

 

sing-movie.jp

 

この映画がとても良かった。

字幕・吹き替えともに参加しているアーティストも豪華!歌が良く、ストーリーもわかりやすくて最高。

こういう映画を娘に見せたかったんだよ!

ありがとう!アメリカでこの映画作ってくれた人!

 

ただ、この映画で一番ぼくが良かったのは、主人公コアラの存在。

 

f:id:gentaromaru:20170331163534j:plain

 

そうこのコアラ!

名前は、バスター・ムーン。

 

彼は、いつもポジティブ。この性格が良かった。

そして、自分のアイデアが素晴らしいものだと疑わない。失敗を恐れないし、失敗する事を考えていない。

うーん、共感するぅ(笑)まぁ、この考え方がアリなのか、ナシなのかはおいといて、ぼくのハートはがっちり掴まれた。

 

コアラがプロデュースしているメンバーは、変わり者ばかり。

そんな個性的なメンバーをまとめあげ、ひとつのショーを作りあげていく。苦労や失敗の連続だけど、最終的には素晴らしいショーになっていく。

 

ありきたりなストーリーかもしれない。

でも、そんなありきたりなストーリーは、普段マネジメントをしている人にとっては、日常的に起こっていることではないだろうか。

ぼく自信、おもいあたる節がたくさんあった。だから、とても共感できたんだと思う。

 

一番お気に入りのシーンは、問題を抱えていたメンバーが次々とショーで結果を出しているところ。

ぼくが感じるマネジメントの喜びは、メンバーの眠っていたパワーが引き出され、結果が出た時。

誰もがちょっとした事で、結果を出せるパワーを秘めている。

ぼくが関わってきた人みんな、自分が思っているより優秀なんです。でも、自信がなかったり、ちょっとやり方を間違えてたりする。

ぼくが、仕事をしていて一番楽しい瞬間は、メンバーと一緒に考えて、問題を解決できた時。

結果が出て一緒に喜び、感動できるって、何ものにも変えられないくらい嬉しい。

 

「SING / シング」のように、

うれしい事も悲しい事も分け合えるチームを、これからもつくっていけたらなぁって、改めて思える映画でした。

まだ見てないかたは、気が向いたらどうぞー。